Jackpot 2

 

 

【Jackpot 2】

2018年の終わり間際に5個のジョーカーを召喚させ、アルティメイターになったとものぶ。

次に5JOを出すのはいつになるのか・・ 2019年、2020年、もしかしたら私が生きている間に出ないかもしれない!?

更なる高みを目指して、ここから新たな旅が始まります。

 

 

今回の主役はこれまで数々のドラマを生み出してきた、地元のゲーセンにある100万リミット青マルチ。

画面は液晶で写真がこの上なく綺麗に撮れるので、一番の愛用台なんですよ。

 

 

 

思い返せば、初めて8bet1発振り切りを達成したのも、5桁の領域に到達したのもこの台でした。

数え切れないほどメダルを吸いこんでいきましたが、私の夢を何度も叶えてくれましたね。

そんな”相棒”が壊れかかった時もありました。

 

 

ここで思い出深いエピソードをご紹介。

先ほどの8bet1発万枚振り切り達成後、全ての力を使い切ってしまったのか、上記のエラーが頻発。

さらにその数日後、無情にも台に「故障中」の札が貼られている・・

それを見た瞬間に「台の終わり」を予感。「最後に最高の当選を届けてくれてありがとう。」そう思ってメダルを握らず店を出ました。

 

1週間後に再び店を訪れると、台が元気に稼働しているっ!

振り切りチャンスで Dealer にジョーガーが出るも、スペシャルボーナスで万枚ゲットした時のように嬉しかったですよ。

これからも俺はお前を打ち続けるぜ! よろしくな!

 

 

 

いつもと変わらない土曜日、母親と一緒に最寄りのバス停から地元のゲーセンに。

そういえば2019年3月からアルティメイトのデータを試験的に取り始めたんですよ。

前々からフォロワーの方々から「アルティメイト研究学会を立ち上げたらどうですか?」と言われていたので、行動に移してみました。

記念すべき最初の1ヶ月は4JOのセルに数字の’1’を入れたい! 期待を胸に実勢開始っ!

 

開始早々、3JO with R7 × 2 で2,064枚のビックヒッツをかまします。

意気揚々とスマホのデータカウンターを起動して3JOの箇所をタップ、緑色の数字’1’が入ります。

この1枚で撮れ高は充分(^o^) クレジットも5,000を越え、次に埋まるのは4JOかなと想像を膨らませながら打っていたその時・・

 

 

究極の事件が起こった。

 

 

出た項目は・・

 

 

 

3JOでも・・

 

 

 

4JOでもなく・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DATE:2019年3月16日

獲得枚数:17,208枚(2,151倍)

 

 

 

自身2回目の Five Jokers 達成。

前回達成からわずか77日、メインゲームの自己記録を80枚更新する歴史的当選になりました。

 

出方も前回と異なり、初めに右中・左下・右下リールのジョーカーと左上リールの兵士が出現し、「最弱3JOかよw」と思わせてからの、左中・中央リールのジョーカーがにゅるりと出現。

3 + 2 = 5

究極の計算式が成立する瞬間を隣にいた母親に見せることができました。

「あっあっ! これはヤバイ!!! 17,208枚のやつ!!!!」と大興奮状態の私に「良かったじゃない! 出たわね☺️」と笑顔で祝福の言葉をかけてくれましたよ。

 

稼働率が高いバイヨンで出るのは想定内ですが、私以外にほとんどプレイヤーがいない地元の店で出るとは考えられなかったです。

それゆえなのか、台のクレジット上限は20,000に設定されており、強制払い出しになっちゃいました(^^;

 

払い出し完了後、祝福のアテンダントベルを聞き、5JOと共に映し出される「CONGRATULATIONS!」「PLEASE CALL ATTENDANT」の文字を写真に納めました。

〆のデータ採取も忘れずに・・ 4JOを飛び越して、一番上の5JOに赤い数字’1′ が入ります。

数年やっても5JOの確率が「#DIV/0!」のままだと思いましたが、1ヶ月で数字に変わってしまいました\(^o^)/

 

思う存分余韻を楽しんだ、最高の写真を納めた、さあ出発の時間です。

歴史的当選に別れを告げて、新たなビックトレジャーを見つけに行こう。

さようなら! Five Jokers!