Jackpot 1

 

 

 

【Jackpot 1】

これはアルティメイトの究極出目「Five Jokers」を追い求めた、1人の熱きメダルゲーマーの物語。

長文になりますが、お読みいただければ幸いです。


 

 

 

2012年、地元のゲームセンターで偶然にも当機種と出会います。

最初に抱いた印象は「メダルを使うわりにはつまらないスロット」でした。

 

8枚ベットしないと全ラインが有効になりませんし、ボーナススピンと違ってセンターにジョーカーが停止してもフリーゲームに入りません。

母親に1,000円:150枚で買ってもらった貴重なメダルが一瞬で蒸発、「何このクソゲ・・ こんなゲームプレイする人なんているのか?」と思ってましたよ。(無理もありませんね・・)

 

しかし、ある当選がきっかけとなり、その考えは改められることになります。

2012年4月8日、母親と一緒に赤青マルチを並び打ちしていた時でした。

お互いにボロボロな状況の中、青マルチに座っていた母親がたまたまアルティメイトを選択してプレイしたら、何と8betで7,232枚の当選が出てしまったんです。

最後に左上リールのジョーカーが停止して Topline が成立、その数秒後に win:7232 と想定外の数が表示された瞬間、興奮と驚きを隠せませんでした。

「アルティメイトってこんなに夢があるゲームなんだ! 俺も夢を掴みたい!」

ここから長い長い挑戦が始まったのです。

 

 

 

2012年8月22日に初の4JOを達成。

当時はアルティメイトをあまりよく知らなかったので、「初めて4個出た! 配当は1,000枚くらいかな?」と予想していましたね。

「素人は黙っとれ・・」と言ってやりたいです(笑)

この頃はまだ知らなかったんですよ、さらに上があるとは。

6個出たら10万枚という事実はメダルファクトリーで知っていましたが。

 

 

 

再びアルティメイトを打ち込むようになったのは2018年4月。

引きこもりがちだった私が勇気を出して自分の趣味であるメダルゲームの画像を Twitter に載せてから、本格的にアルティメイターとして活動を開始!

メダル好きな人がどんどん私をフォローしてくれて、今まで以上に晴れやかな気持ちでメダルゲームと向き合ってました。

 

 

 

ネットで「アルティメイト メダル」と検索したとある日。

1件のジャックポットツイートに衝撃を受けます。

 

 

ジョーカーが5枚!? そして配当が48,672枚だと!?

何なんだよこの破壊力・・ そして出目のインパクト・・

4枚でも十分すぎるほどヤバいのに、さらにその上があるのか・・

 

これ以前にも5JOの画像は見ていたかもしれません。

しかし、アルティメイトの面白さを知り、4JOの難易度を肌で体感したからこそ、5JOは伝説級の出目だと認識したのです。

「俺も本気で打ち込めば5JO出せるかな・・ というか出したい! 何年かかってでもいいから5JOを出して”真”のアルティメイターになるぞ!!」

とはいえ、9リールの半分以上をジョーカーで埋めるなんて、あまりにも難易度が高すぎて出るイメージが全く湧きません。

挑戦は無謀と思われましたが・・

 

 

 

悲願達成を夢見てひたすら打ち込んでいくと、5JOに手が届きそうになる場面もちらほら出てくるようになりました。

 

 

しかしあと1コマ・・ あと1コマずれていればっ・・!!

5個目はもう見えているんだ!!

一昔前、4JOを追いかけていた時も、最後の1個がなかなか出ずに苦しめられましたが、今追いかけているのは5JO。 

1コマを埋めるのに数年かかると言っても過言ではありません。

その1コマが死ぬほど遠いっ!!!!!!!!

 

 

 

奇跡を信じて打ち続けてから6年半。

いつも最高の興奮を提供してくれた究極のメダルゲームで、遂に究極の瞬間が訪れます。

場所は2018年8月から本格的に通うようになったバイヨン、台は下デソの10万リミット青マルチでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DATE:2018年12月29日

獲得枚数:17,128枚(2,141倍)

 

 

 

Five Jokers 達成。

最後の1コマが埋まり、追い求めてきた究極の出目が今ここに。

やっと真のアルティメイターに・・ なれた・・

 

1番ラインに Topline 成立、5個のジョーカー以外は全てブランクという、最高に美しい形の Five Jokers になりました。

これが出る前は挙動は最悪、4時間で7,000枚ほど飲まれていましたが、突然左列の2個、中列の2個、合計4個のジョーカーが現れ、最後に右中リールのジョーカーがそっと添えられて完成しました。

 

その場にいたフォロワーの方々から祝福の言葉をもらい、写真撮影タイム。

これまでの苦労と出来事が自然とこみ上げてきます。

何も臆することはありません、5個のジョーカーが出たたった1回のプレイ結果を、自分が納得する形で写真に収めればいいのだから・・

 

まさか2018年の最後の最後に Five Jokers を達成してしまうとは・・

このタイミングで達成するなんて、誰も予想していなかったでしょうね。

私も達成するのは2020年頃だと思っていましたし。

自分のメダル人生で間違いなく1番印象に残った1日でした。