Sigma Joker’s wild progressive

 

 

 


必殺カード「Joker」を使い、

実りに実った難関役を撃ち落とせ!!


 

 

 

 

 


 

 

ジョーカー1枚入り、計53枚のカードを使用するビデオポーカー。

パネルの色が青色なので、通称「青プログレ」と呼ばれています。

 

 

配当表

  1 bet 2 bet 3 bet 4 bet 5 bet
Royal flush w/o joker 500 1000 1500 2000 2500 + 0.05 prog
Five of a kind 100 200 300 400 500 + 0.05 prog
Straight flush 50 100 150 200 250 + 0.10 prog
Four of a kind 20 40 60 80 100 + 0.35 prog
Full house 8 16 24 32 40 + 0.35 prog
Flush 5 10 15 20 20
Straight 4 8 12 16 16
Three of a kind 2 4 6 8 8
Two pair 1 2 3 4 4

・Joker 入りの Royal flush は Straight flush 扱いになります。

・プログレ値は切り上げ。 (例)プログレ値:101.05 → 102枚獲得

 

 

 

Maxbet すると Full house 以上の役の配当が少しずつ上がり、他のプレイヤーが出すと配当は初期値に戻ります。Maxbet しないとプログレ値は上がりません。

最低役が Two pair なので Jacks or better progressive(赤プログレ)と比べるとヒット率は劣りますが、上位役が作りやすくなっています。

そのくせ Four of a kind・Full house の配当は下げられていないので、この2役をたくさん出せるかがポイント。

 

最初の5枚で Three of a kind や Straight flush のチャンス手が配られた時のドキドキ感がたまらない・・

低ベットで熱い展開をたくさん味わえる、私の好きな機種の1つです。

 

最終更新:2019年7月5日

 

 

 

Full house
 

 

 

 

Four of a kind

 

 

 

Straight flush

 

 

 

Five of a kind

 

 

 

Royal flush w/o joker

 

 

 

Double down